So-net無料ブログ作成

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーの電気代や口コミなどを比較。赤ちゃん向けの天然水や放射能情報など

 

安心・安全なウォーターサーバー
徹底的な品質管理で赤ちゃんにもOK!自然の恵みそのままの美味しさを。


前の5件 | -

ウォーターサーバー 人気 [ウォーターサーバー比較]

今では子育て世代の健康やオフィス需要などもあり、
ウォーターサーバーはすっかり人気で定番の宅配サービスとなっていますね。

それぞれに長所があるのでよく比較してから導入するのがいいと思うのですが、
サーバーそのものよりも肝心なのは中身の水はどこから採水しているのか、という点。

特に子育て世代の場合、赤ちゃんやお子さんの身体に直接影響するものですから
東北や関東にお住まいの方には酷な言い方ですが、
できるだけ放射能の影響がない関西以西の天然水を選びたいもの。

あとはミネラル分も軟水であることも大事ですし、
赤ちゃんが誤って火傷などしないようなロック機構、
地震の際に転倒しない転倒防止機構などがサーバー本体にも装備されているとなおいいですよね。


↓管理人が調べた範囲では、こちらがその条件に一番適しているように感じました。
>

安心・安全なウォーターサーバー
徹底的な品質管理で赤ちゃんにもOK!自然の恵みそのままの美味しさを。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

ウォーターサーバー 電気代 [ウォーターサーバー比較]

ウォーターサーバー、導入したいけど気になる点の1つは電気代のことですね。

いつでも温かいお湯が出るのは、夜中でもミルクを調乳したりすることがあるお母さんや
頻繁にお茶を出す必要のあるオフィスなどではとってもありがたい機能。

でもずっと通電しているのだと思うと、やっぱり節約のことも心配になりますよね。。

で、一般的にどれくらい電気代が掛かるのか調べてみましたが
月額で概ね400円~1000円ぐらい。

ただ薬缶でお湯を何度も沸かしたり、電気ポットで急速沸騰させる時の光熱費や
その度の手間などを考えると、
忙しい子育て期間ぐらいは必要経費か、それ以上の価値があるといえるんじゃないですかね。



nice!(0) 
共通テーマ:健康

ウォーターサーバー 水道水 [ウォーターサーバー比較]

ウォーターサーバーというと、地下から組み上げた天然水の交換式ボトルが
定期的に宅配されてくるイメージですよね。

ただ、どうしてもコスト面では割高になってしまうのは
放射能の心配などのことを考えるとしょうがない点かもしれません。


とはいえ、元々放射能などの心配の少ない地域にお住まいの方であれば
水道水をおいしく飲める方法があればそれに越したことはない。。

ということで、水道水直結型のウォーターサーバーというのも
意外と普及しているようですよ。

ウォーターサーバー内に、何層ものフィルターを設けることで
不純物なども完全ろ過。

特に、コストが気になるオフィスの給水、給湯用には便利なウォーターサーバーではないですかね。



nice!(0) 
共通テーマ:健康

ウォーターサーバー 赤ちゃん [ウォーターサーバー 赤ちゃん]

自分にも経験がありますが、妊娠が分かった時、
嬉しさの反面、一つの命を授かったんだ、という責任感が強く芽生えてきますよね。

健康に生まれてきて欲しい。
健やかに育ててあげたい。

自分のお腹に芽生えた命だからこそ、心からそう思うものです。

そこで一番気になってくるのは、やっぱり食べるものや飲むもの。
だって、それが直接赤ちゃんの身体の元になるのですから
だれだってそこが心配になるのは当然です。

野菜ならできるだけ無農薬の有機栽培の野菜にしたいし、
お肉や卵、牛乳は添加物が入っていないエサを食べて育った牛や鶏のものにしたい。

そして放射能が心配される今では、一番気になるのが飲水のこと。
いくらろ過しても放射能は除去できませんから、
福島の方たちには悪いですができるだけ東北・関東から離れたところの天然水にしたいものです。

あと、日本国内の天然水はほとんど心配要らないと思いますが、
赤ちゃんのミルクの調乳にはミネラル分が少なめの軟水であることが必須ですので、
いちおうその点も確認してから注文してくださいね。


↓身体の水分量の多い赤ちゃんだからこそ、安全な天然水を選んでくださいね。

安心・安全なウォーターサーバー
徹底的な品質管理で赤ちゃんにもOK!自然の恵みそのままの美味しさを。




nice!(1) 
共通テーマ:健康

ウォーターサーバー 比較 [ウォーターサーバー比較]

福島第一原発の事故以来、特に子育て世代のご家庭で
ウォーターサーバーを導入したいと考える方が多いようですね。

誰だって、お腹にいる赤ちゃんや、生まれたばかりのお子さんたちには
なんの心配もない安全なお水でスクスクと育って欲しいですからね。

でも子育て世代は特に、料金面も気になります。

ウォーターサーバー自体は無料と言われても、電気代もバカにならないですし
宅配してくれる天然水ボトルも、採水地や、天然水なのか、ろ過した水なのか、
定期契約・契約期間などなど。。

各社のプランによってけっこう違いますからね。

そこで迷わないためには、しっかりと契約する上での目的を決めておくこと。

赤ちゃんに安心、ということに絞れば、天然水を直接新鮮なまま宅配してくれるプランよりも、
いったんRO膜フィルターでろ過してからお届けしてくれるプランのほうが
実は割安になっていることが多いようですから、それで充分かもしれません。

ウォーターサーバーを導入するときには、このように我が家での利用目的をはっきり決めて、
それから各社のホームページを見比べて見るようにすると
間違いのない、良い選択ができると思いますよ。



nice!(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます